ミシガン州立大学の 学生生活

キャリー・ルゲロ


  ミシガン州立大学(MSU)の学生生活は大変忙しいです。新学期は秋に始まります。普通一学期に14〜5単位を取りますが、まだひまな時間もあって、週末にはパーティへ行ったりたくさん遊びます。平日は授業が終わったら、たいていの学生は勉強するために喫茶店や図書館へ行きます。これはたぶんアメリカの一般的な学生生活でしょう。

 一年生は寮に住まなければなりませんが、キャンパスのそばのアパートや家に住んでいる学生も多いです。多くの学生にとって、友達との付き合いが一番重要なことです。毎日学生は友達と色々なことをします。 学生会をはじめ、スポーツや外国語などクラブがたくさんあり、色々な活動の機会があります。『フラタニティ・ソロリティ』(同じ考えを持つ男子学生・女子学生のハウス) も人気があります。大きい大学で、キャンパスに留学生が多いので(全学生数の5〜10パーセント)、外国人とよく友達になれます。

 ミシガン州は四季があるので、学生は色々なスポーツやほかのことが楽しめます。秋の土曜日にはアメフトの試合を見に行く人が多いです。『テールゲート』と言って、試合の前には車の後ろで食べたり飲んだり、友達とフットボールをしたりします。試合の始まるちょっと前にスタジアムへ行きますが、すごくこんでいます。

   キャンパスはイーストランシングという町にあり、便利です。また、そばに湖や森があり自然に恵まれているため、夏のスポーツも冬のスポーツもできます。学生は一年中色々楽しいことができます。

EメールクラスのHP  |   上にもどる